股関節痛でお悩みの人へ
〜油断すると、歩行困難に〜


足のつけ根部分に痛みがある場合を、股関節痛といいます。 その痛みの原因のほとんどが、外傷や過使用によるものです。 上半身の重さを支える股関節は、負担が大きく傷みやすい関節です。 中高年になると足の付根のあたりに痛みを感じる人が増えてきます。 歩いたり座ったりすることにも支障が出て、日常動作がつらくなります。 しかし、中には、重大な病気が原因のものもあり、放っておいて股関節の痛みがかなり強く感じるようになってからでは、修復が不可能になってしまうことも考えられるので、早めに専門医に相談されることをお勧めします。


■変形性股関節症
変形性股関節症は、股関節が痛くなる代表的な原因です。

股関節痛の大半は、変形性股関節痛と言われ、股関節の軟骨が徐々にすり減り、大腿骨と骨盤の骨がぶつかり痛んだり軟骨がすり減ったことにより、体にゆがみが出て、神経や筋肉を痛めたりすることによって起こります。

先天性股関節脱臼の病歴がある方は、起こりやすい疾患ですが、そういった股関節の異常のない人が、老化などにより変形性股関節症になることもあります。

変形は治療をしない限り進行していきます。

股関節症は少しずつ進行していく病気です。軟骨が磨耗してなくなり、こすれ合わさる事によって症状が進行していくわけですから、気付いた時に初期治療を行えば、進行を食い止める事ができます。


◆症状 〜初期サインを見逃すな〜

初めは運動後や長く歩いた後などに、股関節に限らずお尻や太もも、ひざの上などに鈍痛が出ることが多く、この痛みは数日すると治まります。

少し症状が進むと、動き出すときに股関節辺りに痛みを感じる「始動時痛」を感じるようになります。痛む箇所は、次第に股関節周りに限定されていきます。

さらに進むと、動かしたり、歩いたりすると、股関節の前後が痛む、一休みしないと歩けない、などの痛み「運動痛」が出るようになります。

最終的には安静にしていても痛むようになり、痛みの程度もだんだんと強くなります。股関節に水がたまって腫れたり、夜間などにも痛みが出て睡眠が妨げられるようになることもあります。

痛みから関節を動かさずにいると、筋肉が硬くなり動きが悪くなり、足を深く曲げたり、開いたりが、苦痛になってきます。また、拘縮がひどくなると骨盤が傾いて悪い方の足が短くなったように感じられるようになります。

痛い方の足をかばって歩かなければならず、また痛みのために活動量が減って中殿筋などの筋力が衰えると、悪い方の足をついたときに身体が傾くため、肩を揺らして足を引きずるような歩き方になります。


◆変形性股関節症の治療

変形性股関節症の治療は、進行度によって違います。

軽い場合は、筋力アップを目的とした日常的なトレーニングと、患部の股関節に負担がかからないような、「骨格矯正や骨盤矯正」が有効です。 また「体重を減らす」などの努力も必要です。

関節の隙間が無くなり骨棘と呼ばれる変形が大きく、歩行が困難な場合は、「手術療法」になります。 末期まで症状が進行してしまうと、自分の骨の手術もできなくなってしまい、人工股関節にするという手術が用いられます。

変形性股関節症になってしまうと、日常的な部分で足に気を使いながら生活をしていく事になります。 長く付き合っていく必要がある病気なので、専門家や医師の指示に従って、治療して下さい。


◆股関節症の予防

・ストレッチ
股関節をストレッチすることによって柔軟性を養うという事は、股関節症を予防するという意味では非常に有効です。 股関節は立ったり座ったり、歩いたり走ったり、足を止めたり方向展開したりする動きにつながる、屈曲・伸展・内転・外転・内旋・外旋と言う概ね6種類になります。 この6種類の動きをスムーズにするために、それぞれに合ったストレッチ方法を行います。

- 屈曲ストレッチ
両手で膝を抱え、胸の方へ近づけてその状態を30秒ほどキープする

- 伸展ストレッチ
片手で足をもちそのまま後ろにお尻に近づけるように引き寄せ、その状態を30秒ほどキープする。 これを両方の足で行う

- 内転ストレッチ
座って両脚をひらき、片足を曲げて体の前においてもう片方の足の方へ身体を倒して、その状態を30秒ほどキープする。 これを両方の足で行う

- 内旋ストレッチ
足の裏を合わせて座り両膝を床につけるように何度も上下させる

- 外旋ストレッチ
正座の姿勢から膝から下を少し横にずらして姿勢を起こし、ゆっくり腰をおとしていく

以上のような簡単なストレッチだけでも関節や体全体が柔らかくなります。 ただし、無理のない範囲で行うように心がけてください。

・全身運動
運動と言っても、過度な運動は逆に股関節痛を引き起こしてしまう可能性がありますので、自分の体にあった適度な運動で十分です。 ジョギングやウォーキング、水泳などを、足にあまり負担をかけないよう、休憩を挟みながら行ってください。

・体重コントロール
股関節にかかる負荷は体重の3〜10倍。体重が増えれば股関節への負荷が増えます。 股関節が痛いから、動かない。動かないで食べると体重が増える。そんな悪循環を生んでしまっては股関節痛予防は台無しです。 食事制限と運動療法などを組合わせての体重コントロールを行って下さい。


■骨粗鬆症
女性に多いのが骨粗鬆症が原因で起こる股関節痛です。 女性は、女性ホルモンの関係で骨からカルシウムが溶けだしやすく、年を取るほどに骨がスカスカになりやすくなります。 骨折しやすいなどの症状がおこり、その症状のひとつとして股関節痛が起こることがあります。 この場合、単なる関節の痛みではないので、放っておいて治るものではありません。 内科的な治療が必要となります。


■慢性関節リウマチ
はじめ、手の指など小さな関節の腫れ、痛みと朝の手のこわばり、やがて手首、肩、膝、足首などの関節もはれて痛むようになり、関節が変形してきます。 股関節にも、変形が起こることもあり、股関節が痛むことがあります。


■大腿骨頭壊死
大腿骨頭壊死とは、大腿骨の骨頭が何らかの原因によって血行障害を起こし、骨頭の骨組織が死んでしまう疾患です。 症状は股関節痛で発症し、股関節の動きが制限され、次第に歩行障害を来たします。


■悪性腫瘍と骨転移
股関節周辺に痛みを感じて、病院に行ったら悪性の腫瘍が見つかったというケースがあります。 また、その悪性腫瘍が骨に転移してしまったため、痛みが発生していたということもあります。 股関節に痛みを感じたら、早期の段階で病院で検査を受け、適切な処置をすれば大事に至らないで済むことも多くあります。


■坐骨神経痛
坐骨神経痛は、股関節周辺の痛みの中では、わりと多くみられる疾患のひとつです。 坐骨神経痛では、股関節の痛みが強いときには神経ブロックや坐薬などを使用します。 坐骨神経痛においては、適切な治療さえ行えば手術などが必要となるケースはごく稀です。


■疲労骨折
疲労骨折による股関節痛は潜行性の痛みで、足の付け根の前面で深い部分に痛みを感じます。


■股関節脱臼(外傷による)
文字通りで外傷(怪我)によって股関節が脱臼します。 激痛ですから直ぐに病院に行かざるを得ません。


■大腿骨頭すべり症
大腿骨頭すべり症とは、大腿骨の成長板が股関節から離れてしまう病気です。 最初に現れる症状は、股関節のこりや軽度の痛みです。 進行すると治療が困難になり良い結果も出にくくなるので、早期発見が重要です。


■滑液包炎
滑液包は、関節にある少量の液体(滑液)を含んだ平らな袋で、皮膚、筋肉、腱、靭帯などと骨がすれる部分に位置し、まさつを減らす働きがあります。 滑液包炎は滑液包の痛みを伴う炎症です。 肩が最も起こりやすい部位ですが、ひじ、股関節、骨盤、膝、つま先、かかとにもよく炎症が起こります。


■その他の原因
股関節に痛みがあるからといって、股関節だけ気にするのは少々危険です。 他に何かないか、柔軟に広い視野で原因を究明する事が、股関節痛改善の近道です。

自己判断で済ませず必ず専門医の診断を受けてください。 股関節痛を引き起こす原因は実に様々。 適切な検査と診断で股関節痛の原因を解明することが治療への近道です。

股関節の痛みというのは、最初はとても軽い場合が多いです。 ですが、その症状が重くなると安静にしていても痛む、というようになってしまいます。 そうなってしまうと安静のために、半分寝たきりに近い状態になってしまいますので、どんどん悪化してしまうのです。 そうなってしまわないように常に自分の股関節をチェックし、大事にしましょう。

本サイトはリンクフリーです。 リンクするときは <a href="http://xn--g10a.JP/">股.jp</a> でリンクしてください。
©2004-2016 身体.jp | 前ページに戻る プライバシーポリシー・リンク・免責事項 お問合わせ